新潟市で家を建てる時、部屋の広さで失敗

新潟市で不動産屋の店長をしています、
トミザワです!

注文住宅で悩む1つは、
限られたスペースで部屋の広さをどうするのか?
ですよね。

漠然と考えて「広い方がいい!」とかになると
失敗する可能性が高いです。

しっかりとした下準備、これが大切です。
今から下準備をしておきましょう!

リビングの広さはこう考える

リビングは家族でくつろぐところであり、
滞在時間も長いと思うので最優先でまず考えたいですね。

何を考えるのか?というと、
「リビングにどんな家具を置くのか?」です。

家具と言っても大小がありますから。

テーブル、ソファー、テレビボード、収納家具、ラグマットなど。
事前にわかればその寸法を書き出して、リビングの図面に書き込んでみましょう。

それだけでも十分な下準備になります。

あとで大きな後悔をしないために、面倒くさがらず、
楽しみながらできるといいですね。

油断になりますが、
「リビングに光をたくさん入れたい!」
という方はこの点も考えなくてはいけません。

通行人などの視線がない設計です。

窓の位置を高くして視線が入らない様にする
という方法もありますので、設計士と相談しましょう

あと、売れない建売あるあるなんですが、LDKとトイレの導線です。
リビングとトイレが繋がっているというものですね。

リビングにお客さんがいた時、
お客さんはトイレを借りづらいというか使いづらいですよね。

ワンクッションあった方が良いですね。

LDKとトイレの位置は非常に重要ですので、ここは外さない様にしましょう。

トイレネタでもう一つ。
トイレが広猪は開放的でとても良いのですが、
広すぎて、子どもがペーパーに届かない…
というケースもあります。

ここも注意したいところですね。

リビング階段を付けたら・・・

リビングの広さとは関係ないのですが、
よく聞くのが、リビングに階段をつけるというものですね。

おしゃれですよね。

最近の建売住宅やモデルハウスでも多く見かける様になりました。

ただ、新潟の夏冬を考えると、おしゃれだけでは済まされません。

新潟の夏は蒸し暑いですし、冬は風が強く冷たいですからね。

「でもおしゃれなリビング階段を付けたい!」
という方は、階段を部分を工夫しましょう!

https://roomclip.jp/tag/161900
https://roomclip.jp/tag/161900

こんな感じで階段に扉をつけたり、カーテンをつけたりしましょう。

一階部分の和室4.5畳が狭すぎ

限られたスペースなので仕方ないですよね。

妥協して4.5にしていると思いますが、
実家の親を呼べないっていう声もお聞きします。

一階の和室の畳コーナーを作る場合、
使用頻度にもよりますが、広さをよく考えたいですね。

リビングの広さ まとめ

「事前に準備しておくこと」
この一言に凝縮されますね。

何もないところから間取りを考えるのは難しいと思います。

そんな時は、建売住宅の見学をお勧めします。
それについて評論することです。

リビングはもっと広い方が良い!
キッチンはカウンターがいい!
とか
リビングと仕切りがあった方がいい!

ものがあるので、それなりに良い悪い、
こうであった方がいい!など評論できるはずです。

こう言うと建売住宅メーカーに申し訳ないですが、
無料ですのでどんどん活用していきましょう!

今すぐお電話を!
025-278-3903

ご来店のネットご予約はこちらから!
→ ご予約